ふるさと納税 限度額超えたら

ふるさと納税において、限度額超えたらどうなるでしょうか?
結論です。

無駄ではありません。
でもありません。

限度額超えたら、その超えた金額分は純粋な寄附金として、自治体に納められるからですね!(^-^)

ですので、ふるさと納税サイトを見ながら、
「この返礼品欲しい~!!!」

というものがあり、早見表みて、源泉徴収、住宅ローンなども考慮した詳細計算をし、限度額を算出すると、その返礼品の金額が限度額超え!
ガーンΣ(゚д゚lll)

でも、本当に欲しい!と思ったものなら、超えていいんです!

自営業、個人事業主、サラリーマンの方問わず、オススメなのは、限度額内に収まる「イマイチ」なものよりも、
「欲しいもの」を手に入れ!しかもさらに寄附もした!

こういう観点でふるさと納税を行うと、欲しいものを得れた満足感+α、満たされる心が生まれます(^-^)!

ふるさと納税 ランキング 高配当 2019

ふるさと納税のランキングにおいて、2019年の高配当な返礼品は?という質問を受けました。

結論から言うと、高配当という表現が適切ではないので、明確な回答はできない。というのが回答になります。
というのも、法律の改正により、還元率なるものが30%となりました。
(その根拠はどこから来たのか?と個人的にはツッコミどころ満載の改正なのですが…)

ゆえに、高配当といっても最高30%ということになります。
(法律を守っていれば)
ですので、その質問をされた方には、

「今後の返礼品を探す基準は高配当や高還元率ではなく、自分が欲しいモノがあるか?をまず基準に探したらいいですよ」
と回答しました。

つまり、高配当で探しても差がほとんどなくなった。ということですね。
まぁ、それでも高配当のものは?と聞かれたのでビールと答えました。あとはお肉と。

これは正確には原価が微妙な設定なので、なんとも言えないですが( ̄▽ ̄;)、感覚的にですね(苦笑)


自治体別、市町村別で見てみても、ビールはやはり人気商品となっています。
お肉は鉄板ですね。特に産地と限らない自治体でも提供しています。

個人的にはお米がおすすめですが、今年2019年も人気なのはやはりお肉とビールのようです。
参考までに(^-^)






ふるさと納税 ランキング 米

楽天のふるさと納税のお米のランキングを紹介します。
他の記事でも楽天ふるさと納税をおすすめしましたが、その中でもお米がおすすめだと。

では、そのお米にも色々種類があるので、人気ランキングの紹介です。



ふるさと納税の返戻品として人気の商品には、家電やお肉(特に牛肉)、果物などがありますが、お米も人気です。
様々な自治体が提供していますが、市町村によって提供する種類が勿論変わります。

還元率などで比較されがちですが、寄附金額も比較的高くはないので、いくつかの自治体、市町村へ寄付して、様々な種類のお米を食べ比べるのも一つのおすすめの方法です。

ふるさと納税 家電 ダイソン

ふるさと納税の返礼品に対しての基準が一方的に国から決められてしまい、お得で嬉しい高価家電製品が、返礼品から除外されつつあります。
除外の理由は様々でしょうが、法改正は大きな要因かと思われます。

ゆえに、人気家電であったダイソン製品も姿を消しているようです。残念。

ただ、ダイソンのコードレス掃除機のスタンドは返礼品として残っていました。( ̄▽ ̄;)
例えば、楽天ふるさと納税では、静岡県藤枝市。




意外に自分ではあえて買わなくても、お礼の品としてもらえるならこれにするか!
と選ぶ人もいるみたいです。

ダイソン製品の復活は今後あるか・・・

ふるさと納税 家電

ふるさと納税の返礼品には、名産物、特産物以外にも、家電もあります。
「特に食べのもや飲み物はいらない・・・」
という方々には人気です。

しかし、家電となると単価が高価になってきますので、対応する寄付金額も比例して高くなります。
1万円~2万円あたりだと、イヤホンやトースターなどがあったりしますが、コーヒーメーカーなどは5万円代以上だったり、ロボット掃除機などもありますが、30万円くらいの寄附金額となります。

VAIOのノートPCもサイトによっては返礼品になっていたりします。
しかし、60万円弱くらいの寄付金額です。

しかしながら、ノートパソコンを買い換えようと思っている方にとってはとても嬉しい返礼品かもしれませんね。

ご希望の家電があれば、検索窓から検索をかけてみれば、どんな家電の返礼品があるか直ぐに分かりますよ。
参考にどうぞ↓